2012年2月にサイトリニューアル致しました→ http://tenukore.com/contents/
ヘルプ サイトマップ  
てぬコレロゴ
おしらせ 展示会情報 てぬコレについて てぬぐい一覧 デザイナー紹介 てぬぐいについて 手に入れるには FAQ リンク
てぬぐい一覧へ戻る
粟辻デザイン / 大治将典 / 岡村志満子 / 柏木江里子 /
小島利之 / 佐藤マコト / 中村幸代 / のぐちようこ
Vol.1 てぬコレ二〇〇八夏
てぬぐい

08-005
ニジムコトバ
Bleeding Words

にじむ街の灯を ふたり見ていた〜 上田正樹さんの有名な「悲しい色やね」の最初の歌詞です。今回の染めの味である「にじみ」について考えていたらなぜかこの曲が浮かんできてしまいました。そこでさらにニジムコトバを捜してみたら、無念、涙、汗、血、苦労等等、、なんだか切ない感じの言葉のオンパレード。しかし、涙をにじませ、汗をにじませ、切磋琢磨しながらやがて人柄や風格がにじみ出す、、まるで人生そのものを語るために必要な言葉だなとも思えたのです。技法によるにじみとは全く関係ありませんが、コトバが大事にされなくなった昨今、広告に関わる人間として今回の手ぬぐいに「コトバ」の大切さをにじませてみました。

Watching the city lights becoming blurred beside you…. These are the beginning words of Masaki Ueda’s famous song, “Sorrowful Colors.” This song popped out in my mind for some reason when I was thinking about “bleeding”, which is the taste of this special technique of dying tenugui. Then, I looked for more bleeding or blurring words. Chagrin, tears, sweat, blood, hardships, and so on… a cavalcade of agonizing words. Bleeding tears, bleeding sweat, working hard, and eventually bleeding one’s true character and own style…as if these words are needed to tell one’s life story. It’s nothing to do with this dying technique, but as a person who deals with advertizing, I made the importance of “words” to bleed on the tenugui in this age when words are rarely cherished.

注意:本染めの為、使い始めは色落ちしますので、他のものとわけて、手洗いすることをおすすめいたします。
CAUTION : Keep in mind decolored on the character of a product in the beginning in the case of wash.

サイズ:900mm×340mm
素材:綿100%(総理生地)
日本製

1890円(税込)

Designed by
小島利之 KOJIMA Toshiyuki
www.kojimadesign.jp/

1964年 東京生まれ
1986年 田中一光デザイン室入社
1988年 同事務所から廣村デザイン事務所へ移動
1997年 同事務所退社 小島デザイン事務所設立
日本グラフィックデザイナー協会、東京タイポディレクター協会会員 SDA奨励賞、NYADC入選、松屋デザインフォーラム入選等

  写真
  たたんだ状態。ピリッと赤が利いています。
てぬコレの手ぬぐいは4枚までメール便80円でお届けします。
 
写真
  ニジムコトバの数々。
 
写真
  利用イメージ。人生を味わってみてください。
 
写真
  トレーシングペーパー製の化粧パッケージ つり下げヒモつき 日本語と英語による、製品の解説とデザイナーの紹介を書いた「しおり型」の解説同封 パッケージサイズ:260×95mm  約46グラム
△このページのトップへ    
特定商取引法 個人情報保護方針 copyright (c) TENUKORE. All rights reserved.